情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.09.26 14:28|カテゴリ:原発関連コメント(0)

福島原発の地下水から史上最高値!トリチウムを17万ベクレル検出!溶けた核燃料の存在を無視する東電!


fukusimagennpatutikasu0926.jpg
東電が26日に発表した資料によると、福島第一原発の汚染水タンク付近で掘った井戸の地下水から検出されるトリチウムの値が1リットル当たり17万ベクレルに上昇したとのことです。
この数値は今まで測定した地下水の値では過去最高で、9月8日に初めて地下水からトリチウムが検出された時から比較すると、実に40倍にもなります。

地下水の放射能が上昇したことについて東電は「分からない」と述べていますが、私は何度も書いているように、地下で溶けた核燃料と地下水が反応していると推測しています。
これは3号機で同時期に水蒸気を観測したことからも裏付けられており、東電が本気で調査をすれば、ある程度は分かることです。

東電は未だに「核燃料はコンクリートの床に留まっている可能性が高い」などと正式にコメントをしているので、彼らの頭の中では「核燃料は地下に潜っていない」ということになっているのでしょう。京都大学の小出助教も言っていますが、2000℃を超える溶けた核燃料にコンクリートや鋼鉄が接触をすれば、あっという間に溶けて穴が開いてしまいます。

いい加減に東電や原子力村の連中は、そこら辺の認識を改めるべきです。それが出来なければ、何時まで経っても原因を特定して、解決することは出来ません。


☆トリチウム17万ベクレル=最高値再検出、漏えいタンク北-福島第1
URL http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013092600415 

引用:
 東京電力福島第1原発のタンクから高濃度汚染水が漏れた問題で、東電は26日、漏れたタンクの北側にある観測用井戸で24日に採取した地下水から、放射性物質のトリチウムが1リットル当たり17万ベクレル検出されたと発表した。漏えいタンク付近で採取した地下水のトリチウム濃度の最高値。同井戸の地下水からは今月中旬も17万ベクレルを検出しており、東電は再上昇した原因について「分からない」としている。(2013/09/26-12:07)
:引用終了

☆福島第一原子力発電所構内H4エリアのタンクにおける水漏れに関するサンプリング結果
URL http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2013/images/south_discharge_130925-3-j.pdf

fukusimgennaptuosennsu0926.jpg

☆第1原発3号機建屋でまた湯気 線量異常なし
URL http://www.nishinippon.co.jp/feature/earthquake/article/s/28397

引用:
 東京電力は23日、福島第1原発3号機の原子炉建屋5階部分で午前9時5分ごろ、湯気のようなものが出ているのを監視カメラで確認したと発表した。確認されたのは5階の中央付近で格納容器のほぼ真上に当たり、18日に湯気が確認されたのと同じ場所。午前10時半の時点でも止まっていない。
:引用終了

☆真相 メルトダウン 2


☆メルトダウン 現在の福島第一原子発電所の状況 / 小出裕章


GMP基準認可 ヨウ素250mg錠剤


エアカウンターS


ガイガーカウンター SOEKS-01M(2.0L-JP) NUK-079 ロシア製


食品の放射能汚染 完全対策マニュアル (別冊宝島) (別冊宝島 1807 スタディー)


福島原発でいま起きている本当のこと~元・現場技術者がすべてを語った!


死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日

関連記事



ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
アクセス数
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク