情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.09.28 13:40|カテゴリ:環境汚染問題コメント(14)

遂にアメリカ海軍が認める!イルカやクジラの大量死は米海軍の実験や訓練が原因!これまでに数万頭以上が犠牲に!


Passing exercise with USS Carl Vinson and U.S. and Indian navy ships.
Passing exercise with USS Carl Vinson and U.S. and Indian navy ships. / Official U.S. Navy Imagery

最近は世界中でイルカの大量死やクジラの大量座礁が発生していますが、この件についてアメリカ海軍が正式に「自分たちの訓練や実験が原因」と認めました。
アメリカ海軍によると、「軍の使用している高感度ソナーなどの影響で、多数のクジラやイルカたちが方向感覚を失い、体に傷を負い、脳内出血が起こる」とのことで、発表されている犠牲となったイルカやクジラの総数は1万1000頭を超えています。

確かに近年発生したイルカやクジラの大量死を調べてみると、チリやペルーなどアメリカ海軍が自由に動ける場所で発生している傾向が多いです。
もちろん、全ての大量死にアメリカ軍が関係しているとまでは思いませんが、世界中で発生しているイルカやクジラの大量死の半分くらいは、「アメリカ海軍が引き起こしている」と言っても過言ではないでしょう。

現に、アメリカ海軍も「重症を負ったものは、11267頭」と認めているわけで、この数はあまりにも多すぎます。そういえば、日本の捕鯨活動に抗議をしていたシー・シェパードは、アメリカ海軍には抗議をしないのでしょうか?
1万頭を超える犠牲が出ているとか、日本の捕鯨数を遥かに超えていますよ(苦笑)。


☆イルカやクジラの大量座礁や大量死。米海軍がその関与を認める。訓練や実験による海中の爆音によるもの。
URL http://karapaia.livedoor.biz/archives/52141185.html

引用:
クジラやイルカが集団で海岸に大量座礁するというニュースが定期的に世間をにぎわしている。この原因は、米軍の潜水艦から発せられる大音響のソナー音にあるのではとかねてから指摘されていたが、ついに米海軍はこの事実を認めたそうだ。

米海軍の訓練や実験によって、器官に気泡が生じたりするほどの大音響が海に響き渡る。多数のクジラやイルカたちが、方向感覚を失い、体に傷を負い、脳内出血が起こる。

米海軍は近頃、環境影響研究報告を発表し、軍の訓練や実験がアメリカの東海岸、メキシコ湾、ハワイ、南カリフォルニアに生息する海の哺乳動物に壊滅的な影響を及ぼしている可能性を認めた。

海軍はこれらの海域で、アメリカ海洋大気圏局のプログラム準備のために実験を行ってきた。海軍の推定によると、模擬実験のせいで、東海岸沖で186頭、ハワイや南カリフォルニアで155頭のクジラやイルカが死んだ可能性があるという。さらに重症を負ったものは、11267頭にものぼり、方向感覚を失うなどの異常行動も多数確認されているという。

こうした海軍の見積もりに疑問を呈する者もいる。天然資源保護協議会(NRDC)の政策アナリスト、マイケル・ジャスニーは、それほど頻繁でない騒音でさえ、ヒゲクジラの採餌パターンを混乱させ、その個体数に悪い影響を与えることがあると指摘し、ソナー(音波探知機)訓練の後、ハワイ沖でおびただしい数のクジラが座礁した例をあげた。
:引用終了

☆Defiant Navy Releases Report that Shows Testing Could Kill Hundreds of Whales and Dolphins
URL http://inhabitat.com/defiant-navy-releases-report-that-shows-testing-could-kill-hundreds-of-whales-and-dolphins/

引用:
Imagine experiencing a noise so loud that it could cause not only disorientation, but also physical trauma and brain bleeding, as well as bubbles that form in your organs. This is a very real possibility for thousands of whales and dolphins exposed to US Navy training and testing. The Navy recently released a report containing data from two environmental impact studies which confirm suspicions that testing could have devastating consequences for marine mammals off the U.S. east coast, Gulf of Mexico, Hawaii, and southern California between 2014 and 2019.

Read more: Defiant Navy Releases Report that Shows Testing Could Kill Hundreds of Whales and Dolphins | Inhabitat - Sustainable Design Innovation, Eco Architecture, Green Building

The Navy conducted their research in preparation for an application to the National Marine Fisheries Service to allow testing in these waters. By the Navy’s estimations, their live simulations could kill 186 whales and dolphins off of the east coast, and 155 near Hawaii and southern California. Serious injuries for mammals off the east coast could number upwards of 11,267 with 1.89 million minor problems. Changes in behavior, such as disorientation and swimming in the wrong direction, are estimated to reach 20 million occurrences. For southern California and Hawaii, serious injuries are projected to hit 2,039, minor injuries, while 7.7 million instances of behavioral shifts are expected.

Read more: Defiant Navy Releases Report that Shows Testing Could Kill Hundreds of Whales and Dolphins | Inhabitat - Sustainable Design Innovation, Eco Architecture, Green Building
:引用終了


いわゆる、人工地震の実験による犠牲もこの中には含まれていると推測されます。アメリカ軍というのは、第二次大戦時から人工地震の研究開発をしており、ニュージーランド近海で実際に「津波爆弾」の実験調査をしていました。

この実験で核兵器がなくとも、爆弾の数と設置場所次第では数メートルの津波を引き起こす事が出来ると判明しており、現代では強力な電気エネルギー照射システムなどを利用したシステムの研究開発が行われています。

電気エネルギー照射システムの1つには有名なHAARPシステムもありますが、ハッキリ言って、HAARPというのは世界中に何百とある電気エネルギー照射システムの1つに過ぎないため、HAARPが潰れようが世界には大きな影響はありません。

そして、一番の問題は、このような実験がイルカやクジラなどの生き物を数多く苦しめていることです。福島原発事故もそうですが、人間たちはあまりにも自然を傷付け過ぎています。
いずれは、人間すらも海に入ることが出来ないような状態になってしまうことでしょう。
そうならないようにするためにも、今の権力構造や社会システムを見なおさなければいけません。それこそ、社会全体を江戸時代に戻すことも考えるべきだと私は思います。


立体図鑑リアルフィギュアボックス マリンママルデラックス(くじら・いるかの仲間)


クジラ・イルカ生態写真図鑑―知られざる素顔に迫る (ブルーバックス)


白人はイルカを食べてもOKで日本人はNGの本当の理由 (講談社プラスアルファ新書)


1/350 艦船シリーズ No.28 アメリカ海軍 戦艦 BB62 ニュージャージー 78028


気象兵器・地震兵器・HAARP・ケムトレイル

関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
ダメリカ
もうね、ホントにこのクズ国家の支配者どもはいい加減にしろっての(怒)

どこまで地球を汚したら気が済むのか。

311にしても日本に罪を擦り付けようとすんな。

責任をとって、今度は人類の奴隷となれアメリカ支配層は。
[ 2013/09/28 13:59 ] [ 編集 ]
気象兵器があることは世界中の常識
“プロジェクト・シール”という計画ですね
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/content?bid=beautyhappinesshide&id=61275804



軍事兵器としての地震、津波を人工的に起こすことは、国際政治、軍事上では常識なのです
http://m.youtube.com/watch?v=nmQj8G_MxoI&fulldescription=1&client=mv-google&guid=&gl=JP&hl=ja



ジム・ストーン氏の内部告発
http://m.youtube.com/watch?client=mv-google&fulldescription=1&gl=JP&hl=ja&v=ZCEmFIMrRVE



[ 2013/09/28 16:12 ] [ 編集 ]
さぁ、オーストラリア人に 「くじら や イルカ を殺すな~~~!」 と、騒いでもらいましょうかね。

まったく、自分たちは人間(原住民アボリジニ)を実験材料(核実験、ウラン採掘)にしておいて、くじらを調査で殺すな!とか、どの口でいうんでしょうね。さて、日本人(有色人種)には大声で文句を言うオーストラリア人、ノルウェーの商業捕鯨には一言も文句をいいません。

アメリカのこの所業にたいしては、どうするんでしょうね。無視?
とりあえず、チャンネル7とチャンネル9に情報として送りました。
さ、どう反応するか。

ちなみに私はオーストラリアが昭和40年前後であろうビデオ映像を、まるで現在起きているかのようなこととして放送したときに、チャンネル7に異議申し立てメールを送りましたが、無視されてます。

そのビデオとは、女性が割烹着を着て、若いころの吉永小百合みたいな盛りヘアにした女性の多くが、料理教室で鯨料理を作っているというビデオです。あれはどう見ても吉永小百合が若いころの時代の映像です。
ジャーナリストとして、恥ずかしくないのか!と、書きました。
きっと、恥ずかしくないんでしょうね。
マスゴミはどこも同じです。  やれやれ。


[ 2013/09/28 22:40 ] [ 編集 ]
どうせ無視だろうな
シーシェパードは全力無視だろ、安倍ちゃんはシェパードに全力土下座だろうけど(笑)
[ 2013/09/28 22:55 ] [ 編集 ]
錯視の時空
電磁波.音波のダメージですか。蜂の失踪は農薬等や携帯等の電磁波のダメージとも考えられていますが、昆虫は潜象界から現象界を往き来するともいわれ、その潜象界へ戻り始めたといわれます。生命は自然発生説が完全に科学で否定できるわけではなく、エレクトロンが遍在系なら否定できません。イルカ.クジラも失踪するかもしれない。
[ 2013/09/29 00:50 ] [ 編集 ]
3.11の数日前のイルカの座礁もこれと関連あるのでしょうか?
[ 2013/09/29 09:07 ] [ 編集 ]
訓練や実験では無く、事を起こした際に行動が読まれてしまう為、あらかじめ悪事を働いている証拠になるものを消しているのではないのか?
[ 2013/09/29 13:26 ] [ 編集 ]
この記事を読んで 私も
>3.11の数日前のイルカの座礁もこれと関連あるのでしょうか?
と、同じことを ふと思いました。
確か 3.11前に アメリカが三陸沖で海底調査か何かしてませんでしたっけ?
人工地震の実験?→イルカの座礁→本番3.11??

ま、何にせよアメリカは今や世界の問題児ですね。
そんな極悪国家に喜んで着いて行こうとするポチ安倍は救いようがないバカ
[ 2013/09/30 08:58 ] [ 編集 ]
アメリカ海軍が、イルカの大量死やクジラの大量座礁はアメリカ海軍の訓練や実験が原因と認めました。なんて書いてありますが、ソースを読んでも、そんな事は何処にも書いてません。
そう書いてあるソースの原文を示してみなさい。
[ 2013/12/03 04:42 ] [ 編集 ]
豊かな生活環境が地球を壊している。
今までの生活水準を維持しながら、環境破壊を止めるの無理!
地球が再生可能なレベルまで生活環境下げるしかない。
つまり江戸時代に戻るべきである。ーこれが正しいと思う。
[ 2014/11/09 18:05 ] [ 編集 ]
シーシェパードGO!
[ 2014/11/14 19:35 ] [ 編集 ]
アメリカ軍だけではないと思います。
武器開発のつけを・・・・・。
[ 2015/04/08 02:06 ] [ 編集 ]
シーシェパードのド派手な船は突撃しないの?

パタゴニアさん、きちんとシーシェパードを支援してあげてくださいね。
[ 2015/04/12 10:21 ] [ 編集 ]
クジラやイルカの大量座礁は潜水艦などがない時代から世界各国で報告されています。
米海軍が使用する音波などが、クジラやイルカに何らかの影響を及ぼす、なんてこともあるかもしれません。
しかし、クジラやイルカが昔から大量座礁していたという紛れもない事実をないがしろにしてはいけません。
[ 2015/12/07 16:56 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

マスコミ 17
日系アメリカ人二世が語る、日系人強制収容所のこと http://karapaia.livedoor.biz/archives/52156307.html 自衛隊時代はレンジャー部隊の教官をしていた人 http://www.nakatanigen.com/modules/archive/details.php?bid=798 徳州会事件は終わってない! 徳田毅議員と古賀と谷垣さんと繋...
[2014/04/18 16:36] 邪馬台国 下関
広告
今日の人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム