情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.09.29 13:36|カテゴリ:放射能測定情報コメント(13)

チェルノブイリを遥かに凌駕する福島!セシウムはチェルノブイリの3倍!キセノンはチェルノブイリの2.5倍!


Chernobyl reactor #4
Chernobyl reactor #4 / Carl Montgomery

マスコミや原発推進派の方々は未だに「福島はチェルノブイリよりもマシ」というような事を言っていますが、発表されている様々な資料を見てみると、福島とチェルノブイリは比較にもならないほどの圧倒的な差があります。

オーストリア気象庁が発表した福島原発事故で放出されたキセノン133の放出量データには「チェルノブイリ事故の2.5倍」と書かれており、EUの機関が調査した結果は「放射性セシウムの大気中放出量はチェルノブイリの3倍」となっているのです。

セシウムが3倍で、キセノンが2.5倍。
この数字を見るだけでも、福島原発事故の方がチェルノブイリ事故よりも桁違いに規模が大きく、両者を同じ土俵で比較すること自体が間違いであると分かります。


☆オーストリア気象庁 福島原発事故によるキセノン放出データ
URL http://www.zamg.at/docs/aktuell/20111021_fukushima_review.pdf

kisenouhosyuturyou.jpg

☆福島原発から大気中に放出されたセシウムの総量は21京
URL http://enenews.com/eu-funded-research-fukushima-atmospheric-release-210-petabecquerels-cesium-137-upper-bound-simulation-chernobyl-estimated-70-85-petabecquerels

引用:
img_361-Sep_-23-18_00-300x171.jpg
We obtained good agreement with measurements of 133Xe, at both T255 and T106 resolution. The comparison for 137Cs is less favorable, though not systematically biased based on the 137Cs emission estimate of 36.7 (20.1–53.1) PBq [petabecquerels (quadrillion becquerels)] by Stohl et al. (2012). This is equivalent to somewhat less than half the 137Cs source by Chernobyl (85 PBq, International Atomic Energy Agency (IAEA) (2006)). The estimate of 13 PBq by Chino et al. (2011) (revised to 8.8 PBq by Terada et al. (2012) and confirmed as a lower bound of 12 PBq by Winiarek et al. (2012), with an upper bound of 210 PBq, was also included in our comparison.
:引用終了


福島がチェルノブイリの数倍も汚染されているということは、放射能障害が発生する数もチェルノブイリの数倍になる可能性があると言えるでしょう。

実際に福島で発生した小児甲状腺癌とチェルノブイリで発生した小児甲状腺癌を比較してみると、ベラルーシは事故から2年で5人が発症したのに対して、福島は疑いと確定で44人です。
福島は200万人しか住んでいない県になのに、ベラルーシは人口1000万人もいる国であることを考えると、この数は非常に恐ろしく感じます。

小児甲状腺癌というのは、100万人に1人と言われているほど稀な病気であり、チェルノブイリ事故直後は放射能との関係を認めなかったソ連政府も、チェルノブイリ事故から4年後に29人も発症したことから、放射能との因果関係を渋々認めました。


☆甲状腺調査の実施状況
URL http://www.ourplanet-tv.org/files/20130820shiyo.pdf

jiyjytyyiosnentyoukettuka0821010020203303030.jpg
fukusimakennkoujyouesenntyousakettuka082101.jpg

☆子どもの甲状腺がん18人=専門家が検証へ-福島県
URL http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013082000826

引用:
 東京電力福島第1原発事故を受け、福島県が当時18歳以下だった子どもを対象に実施している甲状腺検査で、18人が甲状腺がんと確定したことが分かった。6月の発表から6人増えた。福島市で同日開かれた「県民健康管理調査」検討委員会で、県が明らかにした。検討委は「原発事故の影響があるとは思っていない」としている。
 県によると、2011年度の検査で2人、12年度に4人が新たに甲状腺がんと確認された。他に両年度で25人が「疑いがある」とされた。
 甲状腺検査の対象は約36万人。これまでに約21万7000人が受診した。
 一方、検討委は、県民の間で甲状腺がんへの不安が高いことを踏まえ、検査や治療に関わっていない第三者の専門家が検査結果を検証する部会を新設する方針を示した。(2013/08/20-20:48)
:引用終了

☆ベラルーシの甲状腺癌推移グラフ
URL http://www.rist.or.jp/atomica/data/fig_pict.php?Pict_No=09-02-03-12-05

1209111726_93_1.jpg
05tyruno.gif

☆ゴメリ(ベラルーシ)と北ウクライナの疾病率推移
URL http://snsout.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

20130305125747719.png
20130305125748ce9.png
20130305125747adb.png


ソ連が放射能との関係を認めた時よりも多い小児甲状腺癌が報告されているのに、日本の政府や専門機関は「チェルノブイリ事故では4~5年後に急増したから、因果関係は認められない」などと述べているのです。
ハッキリ言って、あまりにも頭が悪すぎると思います。
ここまで異常な数値が出ている以上は、福島原発事故との関連性を全力で調査するのが普通です。それなのに、日本政府は何も対策していません。

せめて、大規模な染色体検査などをするべきです。小児甲状腺癌が100万人に1人で、染色体異常も極めて少ない発症率なので、両方の症状を同時に発見することができれば、それは放射能による影響の可能性が高いと言えます。

もっとも、日本政府はそれを隠したいからこそ、染色体検査などを積極的にしないのでしょう。

ソ連はチェルノブイリ事故から5年半で崩壊しました。一般的には「ソ連は軍事費の増大に耐え切れず崩壊した」となっていますが、実際には誰の目にも放射能の影響が隠し切れなくなったから、ソ連は崩壊という形で有耶無耶にしたということなのです。

これは甲状腺癌の推移などからも明らかで、チェルノブイリ原発事故から4年後の1990年には突然15倍にも甲状腺癌患者数が激増し、翌年(5年後)には30倍にも増加してから、ソ連は崩壊をしています。

チェルノブイリ事故の放射能による死傷者数は数百万人を超えており、これを超える規模の汚染が発生している日本では、1000万人単位で人口が激減すると予想されます。
今、日本は放射能との戦争状態に突入しており、見えない終わりに向けて進んでいるということなのです。


☆食べ物で放射能被曝対策!ビタミン療法、スピルリナ、リンゴペクチン!放射能対策まとめ
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-90.html


福島原発事故の「犯罪」を裁く


封印された「放射能」の恐怖 フクシマ事故で何人がガンになるのか


GMP基準認可 ヨウ素250mg錠剤


自分と子どもを放射能から守るには(日本語版特別編集)


日本版SOEKS 01M ガイガーカウンター(放射線測定器)ファームウェア最新2.0L-JP


3M スリーエム 8233 N100 防塵マスク 世界最高水準(99.9%以上の捕集効率)5枚 放射能物質対応


エアカウンターS


SGF強化スピルリナ100% 1500粒


放射能測定器 RD1706

関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
これは全て秘密保護法で隠されますよきっと。残念なお国ですね・・・
[ 2013/09/29 14:05 ] [ 編集 ]
あの時、死ななかっただけで運が良かったんだと再確認。
[ 2013/09/29 15:44 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/09/29 16:25 ] [ 編集 ]
「福島」、そして巨大地震により引き起こされたさらなる原発事故は日本破滅として将来の世界史の教科書にでかでかと書かれるんだろな…
まあしょうがないね。
自分は安倍政権を支持してないけど、大多数が洗脳されて支持してるんだから、自滅の日は近いね。
まわりの人は放射能の話題はタブーになっていて、向き合おうとする姿勢が見られない。
人は変えられないけど、自分は変えらえる。
残り少ない命、この中でどう生きるか、それがすべてや。
[ 2013/09/29 17:40 ] [ 編集 ]
管理人さんへの連絡

>> オーストリア気象庁が発表した...

文中は、オーストリアになっていますが、リンクのタイトルのところが、
間違って、「オーストラリア」 になってます。

ご連絡まで。


[ 2013/09/29 19:33 ] [ 編集 ]
>> 日本の政府や専門機関は「チェルノブイリ事故では4~5年後に
>> 急増したから、因果関係は認められない」などと述べているのです。
>> ハッキリ言って、あまりにも頭が悪すぎると思います。

頭が悪すぎるのではなく、心に悪魔が住んでいるのだと思います。
知らないから因果関係は認められないと言っているわけではないですよね。

もっと、ず~っとタチが悪いです。
事実も知っていて、理解もしていて、そのうえで大嘘をつき、しらばっくれてるんです。 まさに、悪魔です。
[ 2013/09/29 19:38 ] [ 編集 ]
放出量では比較できないのでは?
大気中放出量がチェルノブイリの3倍という事ですが、福島の事故当時は幸いな事に主に西風だったので、放出された放射性物質の大半は東の海へと流れていきました。
放出量が3倍というだけで内陸にあるチェルノブイリ事故での陸地汚染状況と、東の海に面した福島原発から大半の放射性物質が太平洋側に西風で流れた今回の福島原発事故での日本陸地汚染は状況が違うので、被曝症状は放出量では比較できないのではないでしょうか?
とは言え東日本が深刻な汚染状況にある事には変わりありませんが。

個人的には陸地汚染度合い云々ではなく、日本で被曝症状が多い原因は事故を起こしてからの放射能汚染による食品飲料の規制が緩すぎる事からの内部被曝の蓄積が原因ではと考えています。
事故直後から食品を徹底的に検査して汚染した食品を流通させてなければ、ここまで被曝症状がでるような事にはならなかったと思います。
この規制の緩さは政権が代わっても今も続いているので、今後も被曝症状が出る人が増える一方だと思います。
[ 2013/09/29 20:14 ] [ 編集 ]
こんな中で東電は国に支援追加要請って(怒)凡ミスばかりで、何一つ良い方に進展しない。本当に私の周りの人もニュースもちゃんと見ない。嫌なものは見たくない、聞きたくない、無視したい、今が良ければそれで良い、そんなのばっかりです。本当に悔しい毎日です。
[ 2013/09/29 21:55 ] [ 編集 ]
忘れちゃいけない
日本と当時のソ連で、原発に近い地表の被曝総量の単純比較は難しいですが、
フクイチから出た放射性物質の多くは海の方向に流れたとはいえ、蒸発して消えたわけではなく、
地球に放たれた総量は少なくとも3倍に変わりはないわけです。
海に落ちれば海の生き物が巡って我々の口に入るし、偏西風に乗ってアメリカを巡りまたいつか日本に戻ってくる。
確かチェルノブイリのときも地球を何周か巡ったんですよね。

人類はなんという事をしでかしたんでしょう…。

ただ、人類は~とか大きくくくって、ムラの責任を不問にはしたくないです。
東電の管理責任、計画停電恐喝、自民党の原発濫立責任、事故直後の福島県知事佐藤雄平のSPEEDI予測隠蔽、御用学者やマスコミによるデマ…
きりがないですがナアナアにしたくないです。
[ 2013/09/29 22:32 ] [ 編集 ]
3号機はMOX燃料、この影響はチェルノブイリの比べようがないのが実状だろう。
今現在、メルトダウンは進行中なので判断の基準がない。

プルトニウムは飛ばないと言ったり、シルトフェンスで完全ブロックのビラビラは底についているワケはなく、重いプルトニムは何処へ?
底にへばり付いて生きている海洋生物はいかがお過ごしなのでしょうか?
[ 2013/09/29 22:42 ] [ 編集 ]
福島県民の早期なる移住
もう、猶予がありません
日本政府は、直ちに、福島県民、並びに、福島原発に近い県民の、移住を考慮しないといけない事態です。
一度に数十万人の移住は、国内では、非常に困難であります。
南半球での、オーストラリアの一つの州を、100年借り切るといった政策も
必用ではないでしようか、
新たなる都市建設を、オーストラリアに求める、、、、、
そして、そこには、福島県の移住民を、福島県の支店というべき行政を、設置するべきと思います。
早急なる方針の原案を、作成するべきであります。
[ 2013/10/01 09:10 ] [ 編集 ]
キモい左翼脳共乙www
IAEAが何度も査察に来てるが、特に何も言わないのは何故かな?
買収ニカ??
答えてちょーよ左翼く〜んww
[ 2014/02/11 05:06 ] [ 編集 ]
はいはい
放射脳呆者脳
[ 2014/03/16 10:33 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム