情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.09.30 12:19|カテゴリ:政治経済コメント(13)

リニアは負債になる可能性大!稼働には原発3~5基分の電力が必要で、移動時間も新幹線と大差無し!


MLX01-2 (RTRI, Kokubunji, Tokyo, Japan)
MLX01-2 (RTRI, Kokubunji, Tokyo, Japan) / t-mizo

東京オリンピックに向けて、リニアモーターカーの準備が急がれていますが、このリニアは日本の歴史上でも最悪の負債となる可能性を秘めています。リニアモーターカーの問題点は多数ありますが、大きく分けると3つの問題点があると言えるでしょう。

まず第一に電力の問題。リニアというのは超伝導磁石の力で車体を浮上させていますが、この浮かんでいる状態を維持するためには、「新幹線の3倍」とか「原発の数基分」とも言われているほどの電力が必要です。震災直後から「原発を稼働させないと電力が足りない」と政府や電力会社、マスコミは煽り続けていたわけで、電気を大量に消費する施設を建設するのは彼らの主張と矛盾しています。

次に到着時間に大差がない事も大きな問題です。新幹線とリニアモーターカーの最新比較シミュレーションでは、東京から名古屋に移動する時間には大差がない事が判明。短縮時間は僅かに数分から数十分だけとなっています。

その上、リニアモーターカーの建設には9兆円もの費用が必要になるのです。建設費用が高ければ、乗車費用も上昇することになります。それこそ、一回の乗車で数万ということになるかもしれません。

料金が高い上に新幹線と時間に大差がないのならば、最初に一回だけ乗って、それ以降は誰も乗ることはないでしょう。そうなれば、リニアモーターカーは事実上の負債状態となり、いずれは増税などのような形で国民が負担させられることになります。

それを避けるためには、今のうちにしっかりと国単位でリニアモーターカーの必要性を分析するべきです。というか、本来はそれを最初にするべきなのですが、政府の連中には自分の利害や利権以外は視野に入っていないようで気が付いていません・・・(苦笑)。


☆リニア新幹線VS東海道新幹線シミュレーション。たいして時間は変わらない驚愕の結果
URL http://blogos.com/article/70231/

引用:
東京ー名古屋を40分でつなぐ「夢の超特急」リニアの計画概要が発表されたが、 本当にリニアは早いのだろうか? 東京駅から歩いて10分の大手町オフィスに勤めるビジネスマンが、 名古屋に14時頃に出張に行く場合のシミュレーションをしてみた。

<リニア新幹線>
オフィス12:10
↓徒歩
東京駅12:19
↓山手線
品川駅12:30
↓徒歩
品川地下ホーム12:50

品川地下ホーム13:00
↓リニア
名古屋地下ホーム13:40
↓徒歩
名古屋駅13:50
↓徒歩
名古屋の会社14:00

<東海道新幹線>
オフィス12:00
↓徒歩
東京駅12:10
↓新幹線
名古屋駅13:51
↓徒歩
名古屋の会社14:00

リニアの品川駅は地下40メートルにホームがあるため、在来線からの乗り換えに20分以上かかるという。 リニアの名古屋駅は地下30メートル。

上記のようにレーションしたら、たいして時間は変わらない結果に。しかももしリニア新幹線が名古屋開業する2027年までに、 東海道新幹線の車両改良やスピード改良が行われ、 今より10分でも短縮されたら、下手をするとリニア新幹線より早く着く可能性もある。
:引用終了

☆リニアモーターカーの稼働には原発3~5基分の電力が必要
URL http://news.livedoor.com/article/detail/6626117/

引用:
建設費約9兆円をかけた日本史上最大の鉄道事業、それが、JR東海が2014年10月に着工するリニアモーターカー「リニア中央新幹線(以下、リニア)」だ。しかし、最近になって計画に反対する声が挙がっている。その原因は「電力」。
リニアは、超伝導磁石で車体を浮上させ“飛ぶ”新幹線。電気抵抗がゼロの技術にもかかわらず、消費電力は東海道新幹線の約3倍である。昨年の原発事故以降、節電の必要性が浸透しているなか、この事実はあまりアナウンスされていない。山梨県立大学の伊藤洋学長は、乗客ひとりを運ぶエネルギーをもとに「リニアには原発3~5基分の電力が必要」とまで推計する。

もちろん、JR東海がリニアのために原発を稼働させるべきと公に明言したことはない。だが、リニアと原発の関係は否定できない。というのは、山梨県のリニア実験線の主な電力供給元は東京電力・柏崎刈羽原発(新潟県)だからだ(昨年秋から、実験線の延伸工事のため走行実験は休止中)。

そして、原発とリニアの関連性を裏付けるかのような発言も飛び出している。昨年5月14日、静岡県の浜岡原発が運転停止したわずか10日後に産経新聞に掲載された、JR東海・葛西敬之会長の「原発継続しか活路はない」と題した談話だ。以下はその要約。

「原発を止めれば電力供給の不安定化と電力単価の高騰を招き、日本経済の致命傷となる。原子力の利用には、リスクを承知の上で、それを克服・制御する国民的覚悟が必要。政府は原発をすべて速やかに稼働させるべきだ。この一点に国の存亡がかかっている」
この発言について、リニア建設に反対するJR東海労働組合書記長の小林光昭書記長は、「会社はリニアのために原発を稼働させたいのです」と推測する。
:引用終了


危ないリニア新幹線


【科学工作】電気・磁気 手作りリニアモーターキット


超音波リニアモーター US-Mobile


SYOTHAN強力!丸型異方性フェライト磁石 直径15㎜厚み5㎜ 50個1セット


図解・新世代鉄道の技術―超電導リニアからLRVまで (ブルーバックス)

関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
料金は新幹線+700円
東海道新幹線のバイパスの意味合いが強い
JR東海が全額負担、国民の負担とは?JR東海が潰れたら話は別ですが。
[ 2013/09/30 12:30 ] [ 編集 ]
未だに身体の影響が未知数の電磁波問題もありますよね。
相当強力な電磁波が出るようです。
[ 2013/09/30 14:22 ] [ 編集 ]
自民党の政策でますます国民の購買意欲が右肩下がり→旅行会社の売上落ちる→出張は殆ど無くなり支社と本社のテレビ会議で済ませる→JR東海は採算が取れず国に申請→結果的に国民が税金で負担



今の東電のサイクルと同じ。


あくまでも可能性だが充分ありえるんじゃね?日本は人口減少してるしね。
[ 2013/09/30 14:26 ] [ 編集 ]
新幹線が出来ると在来線の特急は全て廃止となり客を無理やり新幹線に乗せます。値段が高くても普通電車以外にオプションがないですから。同様にリニアが出来れば新幹線は廃止にするのでは?
[ 2013/09/30 14:38 ] [ 編集 ]
JR東海とJR東日本は犬猿の仲らしいです。あと短縮時間を考えると広がらないんじゃないかな。
[ 2013/09/30 18:36 ] [ 編集 ]
バイパス
北陸新幹線から敦賀まで出られれば、琵琶湖沿いに南下して京都か米原までたどり着く。
問題は、このルートだとJR東海においしいところがないことでしょうか。
[ 2013/10/01 18:48 ] [ 編集 ]
リニア VS.もんじゅ=どっちも利権ムラ・金食い虫・電磁波・健康に害あり・100害あって一利なし。
巨額な無駄使い。よく似てます。

[ 2014/01/07 00:51 ] [ 編集 ]
リニアも新幹線も、同じ会社だろ・・・
>東海道新幹線の車両改良やスピード改良が行われ

バカか?
東海道新幹線と、リニアを営業するのは、同じJR東海だ。

社運をかけて挑む事業と、あえてかち合う商品を売る会社など、あるか!?
[ 2014/12/18 01:28 ] [ 編集 ]
真実とか?
言う割に科学的根拠乏しいですね。妄想話多々。読んで損。もっと追及して下さい。
[ 2015/05/24 14:17 ] [ 編集 ]
ついでに飛行機で行く場合のシミュレーションも
ついでに飛行機でいく場合のシナリオも足してもらえないでしょうか?
すでに飛行機だと片道9千円台で羽田→名古屋が毎日あるそうですが。
[ 2015/11/28 09:39 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/05/13 11:23 ] [ 編集 ]
リニアは無用の長物。
[ 2016/10/14 19:36 ] [ 編集 ]
3~5基って差がありすぎるんですか・・・発電量も新旧で2倍以上違うわけだし。
それに、わざわざ「原発」とするところに無駄な悪意を感じる。
地震等で東海道新幹線が不通になるとかなりの経済的損失が出る。リスクヘッジの意味合いも十分にあると思う。
[ 2016/12/03 11:12 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム
スポンサードリンク