情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.09.30 15:24|カテゴリ:原発関連コメント(1)

地下で異変?福島第一原発の地下水から過去最高の19万ベクレルを検出!2日後に再測定するが、また14万ベクレルの高線量!


fukusimadaitiigenpatu093006.jpg
福島第一原発の汚染水タンク付近に掘られた井戸の地下水から、過去最高となる一リットル当たり19万ベクレルものトリチウムが検出されました。今までの最高値は9月24日に測定した一リットル当たり17万ベクレルのトリチウムなので、今回は更に一リットル当たり2万ベクレルも上昇したことになります。

ただし、この汚染水はセシウムなどの数値を測定していないため、核種全体の総合値ではもっと数値が上昇する可能性が高いです。

東電は9月28日にも同じ場所で再測定をしていますが、再測定でも一リットル当たり14万ベクレルというような高い数値が検出されています。9月24日と比較すると5万ベクレルも低い値ですが、9月8日の時点では一リットル当たり4200ベクレルしか検出されていなかったことを考えると、これはあまりにも高過ぎると言えるでしょう。

ここまで10万ベクレルを超えるような高い値が持続している状況を見ると、京都大学の小出助教が言っていたように、福島第一原発の地下に溶けた核燃料がめり込んで、大量の地下水と反応している可能性もあると考えられます。

東電は大至急、観測点を増やして、地下水の汚染状況を調査するべきです。最悪、地下から直に海や周辺のエリアに超高濃度汚染水が流れ込んでいる可能性があり、現状維持のままでは手遅れ状態になってしまうかもしれません・・・。


☆福島第一原子力発電所構内H4エリアのタンクにおける水漏れに関するサンプリング結果 (H4エリア周辺)
URL http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2013/images/south_discharge_130928-2-j.pdf

fukusimagennpatu093001.jpg
fukusmagennpatu093020.jpg

☆福島第一原発 9月8日H4エリアのタンクにおける水漏れに関するサンプリング結果
URL http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2013/images/south_discharge_130910-2-j.pdf

fukusimagennpatu0930010101101010101010101.jpg


☆130905 原発ゼロの会 福島第一原発視察ダイジェスト 25分


東電帝国―その失敗の本質 (文春新書)


検証 福島原発事故・記者会見――東電・政府は何を隠したのか


食卓にあがった放射能


【北海道産】 ホワイトライス(無洗米) サンプル調査で放射能測定済 平成24年産 (10kg)


DS2マスク相当品3M製9210 N95/1箱20枚入防護マスク(防塵・防じん) +アズワン医療用N95排気弁付きマスク1つ付き


ガイガーカウンター SOEKS-01M(2.0L-JP) NUK-079 ロシア製

関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
素敵な終末。ごいっしょに!
===============================
すくなくとも、東電と原マ、官僚とそのご家族で
海外逃亡されている方は、ご帰国をお願いしたいです。

ぜひとも、各国の市民に呼びかけて
『ご近所に、逃亡してきたTEPCO関係者がいませんか?』
『あなたの国は、TEPCO関係者をかばうのですか?』と、
呼びかけて欲しい。追い出して、日本に送り返して欲しい。

もうすぐやってくる、素敵な終末。
是非とも、ご一緒したいものです。
[ 2013/09/30 18:27 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム