情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.10.01 14:34|カテゴリ:地震予測コメント(2)

【地震予測】太陽でフィラメント噴出が発生!強い太陽嵐が2日に接触!磁気変動による誘発地震に注意!


9月30日に太陽でかなり大型のフィラメントが噴出しました。このフィラメント噴出現象により、強い太陽嵐も発生。NASAの最新予測によると、太陽嵐は10月2日の昼頃に地球に接触するとのことです。

強い太陽嵐は地球の電離層や磁気圏を乱し、地球のコアとの間に強い電磁誘導を引き起こします。過去の地震記録を見ても、強い太陽フレアや太陽嵐が接触している時期は、影響を受けやすい震源が浅い場所で地震が多く、明日からは揺れを伴う地震に注意が必要です。


☆NASA太陽風予測
URL http://iswa.gsfc.nasa.gov/IswaSystemWebApp/iSWACygnetStreamer?timestamp=2038-01-23+00%3A44%3A00&window=-1&cygnetId=261

nasanotaiyou1001.jpg

☆宇宙天気ニュース
URL http://swnews.jp/

引用:
2013/ 9/30 11:28 更新
太陽でフィラメント噴出が発生しました。CMEも発生しています。

担当 篠原

太陽で、久しぶりに目立つ現象が発生しました。
今朝、30日5時(世界時29日20時)頃から、
太陽中央のやや西側(右側)から、
ダークフィラメントが噴出しました。

SDO衛星AIA304による動画を掲載します。
縦に黒い筋状に見えていたダークフィラメントが、
勢いよく噴き上がり、とてもダイナミックな現象です。

変化は、GOES衛星のX線カメラでも見えています。
噴出が発生した領域が、明るく光っています。
X線グラフでは、C1に達する強度変化になっています。
1309301128_exfig_3.gif
1309301128_exfig_2.gif
:引用終了


現時点では各種データに際立った大きな動きは見られません。ただし、岐阜県のラドン濃度が9月20日に東日本大震災前に観測した値の30倍に匹敵する超異常値を観測しているため、油断の出来ない状態が継続中です。
また、行徳地震予知データの千葉観測点では、先月末頃から高い数値を何度も観測しており、1週間程度で対応する地震が発生する可能性が高いと予測されます。

おそらく、この地震はマグニチュード6前後で震度は5クラスになるでしょう。場合によっては、巨大地震の前震になる事も考えられるので、当面は地震の発生状況を入念にチェックする予定です。

以下、最新の各種データ紹介。


☆ラドン濃度各観測点
URL http://lll.physics.gifu-u.ac.jp/~radon/index.html

↓岐阜県のラドン濃度は9月20日に過去最高の値を観測してから、比較的静かな推移。やはり、近うちに対応する巨大地震発生か?
temp1-33695radonn01010.gif

☆NASAの電子数データ
URL http://iono.jpl.nasa.gov/latest_rti_global.html

↓メキシコ太平洋側で高い数値。
map20130930_2230000110101.gif

☆行徳地震予知データ
URL http://earthq.system-canvas.com/index.html

↓千葉香取観測点。強い数値を複数回観測中。
VERT1001.gif

☆気象庁海水温データ
URL http://www.data.kishou.go.jp/kaiyou/db/kaikyo/daily/sst_jp.html

↓平年差。太平洋側の海水温がやや高い。
sstJ_anm_2013092.gif
↓前年差。三陸沖の海水温が極端に低い。
sstJ_difY_2013092.gif

☆月齢カレンダー
URL http://www.moonsystem.to/calendar/cgi/calendar2.cgi?year=2013&month=10

↓10月19日から10月25日の間は月の引力が特に強くなる。巨大地震が発生しやすい。
getureikarennda-01010.jpg

参考資料など

☆宇宙線と火山、地震との関係


☆NASA が管理運営している「宇宙物理学関係文献情報検索システム」
URL http://adsabs.harvard.edu/abs/2007AGUSMIN33A..03J

o0591046411897168654.jpg
一部翻訳
1991年から2007年の間に発生した682回のマグニチュード4.0以上の地震と太陽フレアの関係を調べた。観測機器は、SOXS衛星とGOES衛星を使用。

SOXS衛星の観測結果から、50回の地震については、太陽フレアが発生した位置とその後の地球上での地震発生について、興味深い結果が得られた。

太陽フレアで発生した荷電粒子が、宇宙空間で加速し、天体に衝撃を与え、地球の磁気圏では、環状電流を発生することによって、断層におけるテクトニクスプレートの突発的な移動を引き起こすといったモデルを提唱。
 
さらに、そのようなプレートの突発的な移動が空間の熱勾配を増加させて、地震を引き起こすといった考え方を提案。
:翻訳終了

☆独立行政法人:防災科学技術研究所『月の引力が地震の引き金に』
URL http://www.bosai.go.jp/press/pdf/20100128_01.pdf

o0561035711955135444.jpg


目先は東日本の太平洋側でマグニチュード6前後の地震が発生する可能性高く、数週間単位では日本の広範囲が揺れるような巨大地震が発生する可能性があります。
巨大地震に関しては、各種情報が現在進行形で変動している最中なので、今後の動きにも注目です。

地震というのはスポーツや楽器とかと同じで、本番前の準備や対策が非常に重要になります。音楽の発表会などで練習や準備を怠れば、本番で失敗するかもしれません。
地震も事前にしっかりと対策や備えをしておけば、「絶対」とまでは言い切れませんが、生存率などが飛躍的に高まります。ですので、今のうちにちゃんと備えだけはしておきましょう。


◎短気地震予測
*発生日時:10月1日~10月9日
*発生場所:福島沖~千葉沖
*マグニチュード5.5~6.5

◎地震予測情報
*発生日時:10月1日~12月31日
*発生場所:北海道沖~三陸沖か、小笠原諸島・伊豆諸島~千葉房総沖。
*地震規模:マグニチュード8以上
【注意:予測なので実際に発生する地震は、予測よりも規模、場所などが上下する可能性があります。また、地震予測は試行錯誤しているの段階のため、100%当たるわけではありませんので注意してください。新しい動きがあれば、更新します。】
:地震予測情報更新2013年9月22日

●地震注意推奨です。
●地震注意→地震警戒 (地震の予測レベル) 
注意は地震発生確率が約70%くらいの時に使用しています。
警戒は地震発生確率が約90%以上の時に使用します。


防災対策関連記事

☆【防災】大地震が発生したときの対処法 実は机に隠れるのは間違い!?非常用バックに入れるべき物
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-149.html


☆【大地震対策】外出時に持っておきたい防災グッズ!予備充電器、現金、飲水、食べ物、ミニラジオなど
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-79.html


井村屋 えいようかん 5本


非常用緊急持ち出し 125点ファミリーセット 防災避難セット 充実安心セット ・ 非常用持ち出しセット ・ 非常持出し袋


軍手とタオルの圧縮セット


地震防災災害対策エマージェンシーライト レスキューライト停電手動充電可能ラジオライト 携帯電話&数量限定スマホ作動アダプタ&ケーブルサービス!防災グッズ


不二ラテックス 家具転倒防止用品 不動王 L型固定式 FFT-001


アイリスオーヤマ 家具転倒防止伸縮棒 SS KTB-23 ホワイト 35908


高賀の森水5年保存水 2L×6本


2013年4月25日追加製造決定 ( セール価格 お一人様10袋まで ) 非常食 もどし水入り きなこ餅 【保存期間3年】 どこでもすぐに美味しいきなこ餅がいただけます。お水+餅6枚+箸・皿+きなこ2袋


4コマですぐわかる みんなの防災ハンドブック


災害対策 地震 緊急 「防災活動出来ていますか?」 車脱出用ハンマー(雨天時にも使用可能な LED 赤色灯 ライト 搭載 ) second trad 車用緊急脱出ツール 2013使用 正規品

関連記事



ブログパーツ
Solar wind
また来ましたね
[ 2013/10/01 23:02 ] [ 編集 ]
宇宙線の変化も気になります。

このような時、心が落ち着かなくなったりしたら、
呼吸を整えてみましょう。
[ 2013/10/02 14:36 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク