情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.01.30 18:00|カテゴリ:ニュースコメント(7)

【悲報】遂に囲碁でプロがコンピューターに敗北!グーグルの最新人工知能が初勝利!驚きの5戦全勝!


20160128161938soip.jpg

20160128161951sodo2.jpg
20160128161959asudo3.jpg
20160128162007aisudo3.jpg
20160128162014aisuod5.jpg
20160128162023uou7.jpg
20160128162029iuou8.jpg
20160128162042uyiy7.jpg
20160128162048tuyt7.jpg

☆グーグルが最新人工知能使い囲碁ソフト開発 プロに勝利
URL http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160128/k10010388481000.html

引用: 
アメリカのIT企業、グーグルの研究グループが最新の人工知能を使った囲碁のコンピューターソフトを開発し、人間のプロ棋士に勝利したと発表しました。囲碁でコンピューターが人間のプロに勝つのは初めてです。
:引用終了



以下、ネットの反応
















将棋に続いて囲碁でも人間が敗北ですか・・・。囲碁はかなり複雑なゲームなので、今までコンピューターが勝つまでに後5~6年の時間が必要だと言われていました。

それがアッサリと5連勝もしたのは驚異的だと言え、コンピューターの発展が非常に早い事を裏付けるような結果だと言えるでしょう。
でも、人間とコンピューターの戦いは燃えるので、今後も続けて欲しいと個人的には思っています(*^^*)。



関連記事


ブログパーツ
Google様へ、『面白いこと』言ってみろ!
見せてもらおうか、Googleのギャグというものを!
[ 2016/01/30 18:32 ] [ 編集 ]
人工知能も自分で自分を進化させていくんだね
鉄腕アトムに搭載してフクシマに投入しよう!
手塚治虫氏は亡くなる5年程前から「日テレ・ウジテレビに使われてしまった」と嘆いていたそうだ。
きっと今頃は草葉の陰で泣いているだろう、、。
その無念を晴らす為にもアトムに搭載して廃炉を進める為にガンバ!
[ 2016/01/30 18:42 ] [ 編集 ]
私はあなたを超えるために生まれてきた
ヤマハが、Motobotというヒト型自律ライディングロボットを走らせたよね。
数年後には、世界最高峰ライダーの一人、ヴァレンティーノ・ロッシのタイムを狙えるように頑張るとからしいよ。

研究テーマは、人間の能力の超越、だって。

知力と運動能力を身に付けたAIの自我の目覚めは、
もう止められそうにないんですかね、ホーキング博士、って感じですかね。
[ 2016/01/30 20:18 ] [ 編集 ]
既に人間の戦略は破られたって事。AIが暴走し始めたら手の施しようが無いって事でしょ?
[ 2016/01/30 20:59 ] [ 編集 ]
>既に人間の戦略は破られたって事。AIが暴走し始めたら手の施しようが無いって事でしょ?

ターミネーターとマトリックスの見すぎ
[ 2016/01/31 00:33 ] [ 編集 ]
管理人さんには悪いが、全然燃えない
囲碁や将棋というものは人間を相手にするために作られたゲームであって
対局というのは高度な心理戦やブラフなどを含んで初めて成立するもんだ
例えれば格闘ゲームのCPUを相手にしてるようなもんで、プレイヤーが技を入力すると同時に
返し技を機械的に返されたら勝てる筈がないし、またギャラリーもそんなものを試合と思わない
だろう。こんなもんに負けたところで棋士の価値は微塵も揺るがないしコンピューターを
凄いとも思わないなあ
[ 2016/01/31 10:06 ] [ 編集 ]
コンピューターの打った手立てを検討したら人間も更に高みを目指せるのだろうか?
[ 2016/02/01 03:13 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク