情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.01.30 20:00|カテゴリ:ニュースコメント(8)

【酷すぎ】貸切バスの約半数で法令違反が発覚!バス転落事故の一斉調査で判明!運転手の名前無しや運行指示書の不所持等など


20160130140150poo@.jpg

20160130135646uiouoiu.jpg
20160130135656sapod@2.jpg
20160130135714uyiy3.jpg
20160130135732uyiyu.jpg

☆貸切バスの約半数で法令違反 国交省が緊急監査
URL http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160130/k10010391361000.html

引用: 
乗客乗員15人が死亡した長野県軽井沢町の事故を受けて、国土交通省が出発前の貸切バス88台を対象に緊急監査を行った結果、半数近くのバスで運行指示書の不備などの法令違反が見つかっていたことが分かりました。
:引用終了

以下、ネットの反応






















この数字は酷すぎる!長距離バスや高速バスは微妙にブラック企業の香りがしていましたが、半数でちゃんとルールを守っていないのは異常だと思います。運転手の名前を明記するなんて基礎中の基礎であり、この程度の事もやっていない時点で恐怖しか感じません。



関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
小泉竹中の功罪。
それを引き継ぐ安倍のアホ
[ 2016/01/30 21:59 ] [ 編集 ]
やっぱりまだまだあの事故の予備軍が潜んでいるんだな。
これからは安心してバスにも乗れなくなるのか。
ブラック社会。鬱、苦しい国。
[ 2016/01/31 00:09 ] [ 編集 ]
ヨーロッパを見習え
[ 2016/01/31 00:31 ] [ 編集 ]
価格が極端に安いと言うのは、色んな要素が疎かになっているという事。
労基法がガバガバでまともな企業がブラックに駆逐され続けるから、結果こういう会社がのさばる。
政府が本腰入れて対策しない限り、この手の問題は後を絶たないでしょうよ。
日本人は熱しやすく冷めやすいから、この問題も残念ながらすぐに忘れ去られてしまうでしょう。

政治家が酷過ぎるのは勿論ですが、安価で最上級のサービスを求める
国民性にも大いに問題があると思いますがね。
[ 2016/01/31 01:22 ] [ 編集 ]
消費者は悪くありません
と言いたいところですが、事故にあった安全軽視の大学生は大手企業の内定持ちでした
日本の採用制度も会社のあり方にも大いに問題がありますね


[ 2016/01/31 07:35 ] [ 編集 ]
価格競争の弊害は消費者にも責任があるよな
100円ショップしかり、生産やサービスにコストがかかることを理解せず
安い物にも一定の品質とクオリティを求めすぎる結果
提供者側に負担がかかりすぎて、そのしわ寄せは下請けに全部乗っかかる
ただ、企業側も本来はコストに見合った最低価格というラインで業界の維持を遵守しなければならない
それを下請けに背負わせて自分達は儲けるという身勝手さ
すべては拝金主義の弊害、経済の腐敗と共に崩壊するのみ
[ 2016/01/31 15:00 ] [ 編集 ]
この国の政府と官僚もブラックだから仕方ない…

低賃金で働かせて利益は株主の博徒にやるため。

建て前だけでしょ。コストと責任を末端に押し付けておしまい。

低賃金なのにあれもやれ、これもやれって無理なの。

はっきりいいます。


『無△理△な△の』
[ 2016/01/31 15:35 ] [ 編集 ]
そもそも日本は多くの人が死ななければ何も変われない国だからね、諦めたほうがいい。
[ 2016/01/31 19:46 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
Amazon
広告
検索フォーム