情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.01.31 10:00|カテゴリ:政治経済コメント(19)

予備自衛官補として船会社の乗組員を採用する制度に海員組合が反対表明!「事実上の民間人徴用につながる」


20160131050558oioipi.jpg


20160131050529oiopiopi.jpg
20160131050613ioiu3.jpg
20160131050620osaip4.jpg
20160131050633oapsdi7.jpg
20160131050642iouiu8.jpg
20160131050654iouio9.jpg

☆海員組合「事実上 民間人の徴用につながる」と反対
URL http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160130/k10010391151000.html

引用: 
防衛省が一定の訓練を受ければ有事の際に召集される予備自衛官になれる予備自衛官補として、民間の船会社の乗組員を採用する制度の導入を目指していることについて、貨物船の乗組員などで作る「全日本海員組合」が、「事実上、民間人の徴用につながる」として反対の声明を発表しました。
:引用終了

以下、ネットの反応




















一応、この民間船員の募集は任意応募という形になっていますね。強制ではないので徴用とは言い難いですが、状況次第では簡単に徴用制度として運用することが可能になりそうです。
それこそ、「自衛隊に協力した会社には補助金を提供」という感じで追加政策を打ち出せば、強制的な形を回避して合法的な人集めが出来ると思います。

ブラック企業とかも多いことを考えると、社長命令で無理矢理に行くという事態になる恐れもあり、民間の船会社の乗組員を採用する制度はちょっと不味いです。
普通に政府の方で海上自衛隊の輸送艦などを増強するべきで、補給能力を民間に頼る時点で間違っています。太平洋戦争の時もそうですが、こんな事を続けている限りはどんなに強い兵士と装備を揃えても、戦場で餓死者が出る事態になるでしょう。



関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
匡樹 ‏@kyo_ju_ · 22時間22時間前
案の定、「海員組合はサヨク」「海員組合は中国の手先」「海員組合は共産党」などというツイートが観測できた。

[ 2016/01/31 10:13 ] [ 編集 ]
カネは無いし兵隊は居ないし兵站要員も居ないんだね。
[ 2016/01/31 10:20 ] [ 編集 ]
調子乗ってんねカルト。
日本は戦争放棄してんだよ。これ以上世界を荒らすな。
おまいらg行けよ。議員官僚枠作って子供カミさんと一緒に最優先、それこそノーブレスオブリージェ。

日本人庶民も黙ってると気がつたら戦場いたってことになるぞお。お前らが当事者なんだけどな。まあ、いいか。賛成した奴らとかどっちでもいいなんて奴らから行かせれば。
[ 2016/01/31 10:43 ] [ 編集 ]
2ちゃんで早速海員組合は在日に支配されてるから、自民党解散させて新しく作れって意見が山程出てきてて
気持ち悪すぎる…最早カルト通り越して犯罪集団
[ 2016/01/31 10:47 ] [ 編集 ]
平成のアカガミ
[ 2016/01/31 10:57 ] [ 編集 ]
緊急事態法が通れば強制的に徴用されることになるだろうね。
[ 2016/01/31 11:16 ] [ 編集 ]
ヤマダさんの言う通りで、こういう国防に関わることは節税とか言って民間頼みにせず、しっかり予算を増やしてやるべきでしょう。
もちろん反論は多いと思いますが、国防に関する事柄を半端な状態で行うと緊急時の対応力を予測出来なくなるというデメリットの方が遥かに大きいです。
[ 2016/01/31 11:26 ] [ 編集 ]
何でもサヨク
何でも在日
どうしてネトウヨは自分が自衛隊に入らないんだ?ww
[ 2016/01/31 11:31 ] [ 編集 ]
>11:31

ネトウヨ自身が安全なトコに引っ込んで戦争を楽しんでいるクズだからです。
[ 2016/01/31 11:50 ] [ 編集 ]
自民党は船員に殺し合いをさせようとしている!!

正にこの党そのものがゲスの極み!!

「ゲスの極み党」と名称変更しろ!!
[ 2016/01/31 12:05 ] [ 編集 ]
1億総活躍
次は大型免許を持っているトラックドライバーだな
[ 2016/01/31 12:25 ] [ 編集 ]
 海員組合!ガンバレ!!!
応援してるぜ!!!
[ 2016/01/31 12:25 ] [ 編集 ]
昔も同じような記事が報じられてましたが、船員さんを予備自衛官にしなければならないのかが全く解りません。


ただ
緊急事態法と条項を同じ扱いで法律と憲法を混同し安保関連に反対される皆さんと一緒みたいな話ですょネ。



自衛隊の輸送を民間船で行う事には何も問題ありませんし、現に平時の現在も行われており平時も戦時も変わりません。


逆に
軍艦や軍隊に所属する艦船でやらなければならないという決まりまありませんネ。


その他
船員の艦船行動について一義的な指揮権等ご存知なら別にたいしたことない話です。


民間船舶を徴用する時に船長を兵隊にする例もあまり聞いた事ありませんし、また民間商船を使う時にも商船士官を、海軍士官に転換した例は先ずありません。商船か或は船団に運航指揮官を配置する事はあっても、船長に海軍士官の階級を与える事で軍の指揮下に置くという発想が存在しません。


戦時徴用運航なら悩むかも知れない乗船中の船員さんも、自由意思の上でスペシャルボーナスと身分保障をつけ運航するのが1番手っ取り早い対処法じゃないですか?
[ 2016/01/31 12:54 ] [ 編集 ]
『日米防衛協力のための指針』の流れである
ガイドラインに書いてある。
『日米両政府は、自衛隊及び米軍の相互運用性を拡大し並びに柔軟性
及び抗たん性(攻撃に耐える能力)を向上させるため、施設・区域の共同
使用を強化し、施設・区域の安全の確保に当たって協力する。日米両政
府はまた、緊急事態へ備えることの重要性を認識し、適切な場合に、民
間の空港及び港湾を含む施設の実地調査の実施に当たって協力する。』

米グローバル資本家は。。
世界の金貸しには、どうしたら利子が取れるか。。これが仕事であり、そのため国
家を利用する。国家財政の借金規模が1000兆を越えた日本。そのうちの金が何
兆円米のFRB、IMF、米国債購入に流れただろうか。私が二十歳前に、既にIMF体
制の崩壊が叫ばれて45年以上も経てるが、まだ日本から金を絞り上げることに、
恥も外聞もない欧米の金貸しの「躍動」する姿が日米ガイドラインから見えてくる。
ガイドラインは安保条約の延長にしか存在しない。しかしもはや安保を越える、両
国の国会の批准なき条約的存在である。ガイドライン「締結」は憲法違反ではない
だろうか。
ガイドラインにより、新幹線は米兵輸送、民間飛行機も。
高速道路は滑走路。
田植えも終えたばかりの田んぼに日米の戦車が入る。

読むべし『日米防衛協力のための指針』
[ 2016/01/31 13:16 ] [ 編集 ]
ドル支配が縮小していく世界経済下に於いて
拝金主義者や戦争屋が悪あがきをしており、
決して油断してはならず、
緊急事態法などを通させたら、基地外に刃物である。
[ 2016/01/31 13:57 ] [ 編集 ]
徴兵じゃなくて徴用だから大丈夫とか書いてる人いるけどダメでしょ。国際的には通用しないだろうなぁ。
[ 2016/01/31 14:26 ] [ 編集 ]
この制度作って、有事の時、お国に協力しない奴は非国民という言葉を流行させれば、該当する人たちは断わり辛くね。希望を尊重するは尚更上手い表現だ。
[ 2016/01/31 14:32 ] [ 編集 ]
ホント残念さん勢揃いでお決まりのサイコパス念仏(笑)じゃ~さ徴用がダメなら現在自衛隊の輸送に関係してる輸送会社は撤収だな(笑)米空母の後方支援すら、現在民間乗務員で戦闘装備してないのに日本だけ戦争も出来ないのに妄想し過ぎ(笑)
[ 2016/01/31 14:45 ] [ 編集 ]
これは今も同じ
ttp://i.imgur.com/rCeoVB0.png
ttp://i.imgur.com/XSy7Hjc.jpg
[ 2016/01/31 18:21 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク