情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.01.31 17:00|カテゴリ:政治経済コメント(8)

天皇・皇后両陛下がフィリピンの慰霊から帰国!30度の気温差で激務を終える!遺族「涙が止まらない」


20160131061004opop.jpg

20160131061055pppoipi.jpg
20160131061106iouo4.jpg
20160131061117iou66.jpg
20160131061125iuiou9.jpg
20160131061134oipio55.jpg
20160131061140uiyu10.jpg
20160131061349poo@p.jpg
20160131061401iuiuoiu9.jpg

☆両陛下「慰霊の旅」、フィリピンから帰国
URL http://toyokeizai.net/articles/-/102980

引用:
天皇、皇后両陛下は30日夕、公式訪問先のフィリピンから政府専用機で帰国された。
天皇陛下は、先の大戦が残した深い傷を常に思いながら、同国での日々を過ごされた。
:引用終了

☆両陛下が慰霊 遺族「涙が止まらない」 比
URL http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160130-00000003-nnn-soci

引用:
 遺族「みんな喜んでますよ。亡くなられた兵隊さんだけでなく、そのご両親、子ども、奥さん、今日の日をみんな喜んでいるんじゃないでしょうか」

 遺族「何回も来てはいるんですけど、慰霊巡拝で。こんなにうれしいことはありません。涙が止まらなくて」
:引用終了




激しい気温差で年明けから本当に大変だったと思います。今回の慰霊は天皇陛下が強く要望した物で、5日間に渡って戦場となったフィリピン各地を訪問しました。訪問の際は実際に戦争を経験した現地住民の方達も出迎えて、中には涙を流す遺族の方も居たようです。

フィリピンでの日本人犠牲者は約52万人で、フィリピン人や連合軍を含めると約111万人になります。陛下が帰る時はフィリピンの大統領達も空港に見送りに来たほどで、この慰霊は歴史的な価値があると言えるでしょう。
陛下は何度も戦争の悲劇を忘れてはいけないと強調しており、私達日本人も陛下と同じようにこれを覚えておく必要が有ります。




関連記事


ブログパーツ
天皇の影に隠れて、長州の餓鬼共が悪行三昧・・・・・・・。
[ 2016/01/31 17:52 ] [ 編集 ]
記事を読んでいるだけで
涙が溢れてきました。
[ 2016/01/31 18:46 ] [ 編集 ]
天皇陛下のご公務は激務であるし、いつも頭が下がる思いだ。
御身体御自愛いただきたい。
[ 2016/01/31 19:04 ] [ 編集 ]
この御年でなんという激務。
両陛下が悲惨な戦争に思いを馳せられていることを日本人は絶対に忘れてはいけない。
[ 2016/01/31 21:09 ] [ 編集 ]
考えの浅い政治家どもが、軽率な行動と発言で敵国を増やしている一方、
両陛下は思慮も配慮もある行動で友好国を増やしてくださっている。
何が国益か、国民もよく考えってんだ。
[ 2016/01/31 21:13 ] [ 編集 ]
両陛下が国の為に骨身を削るような御苦労をなされてるのに、現政府は国民そっちのけで私腹を肥やし売国に明け暮れてるんだからトンデモナイ話なんだよねぇ…。
[ 2016/01/31 21:44 ] [ 編集 ]
株式会社天皇家万歳。
天皇がおられない間の国会は順調にシナリオ通り進んでおります。
傘下の大企業も順調に利益を伸ばしております。
心配なさらないで下さい。
[ 2016/01/31 23:56 ] [ 編集 ]
日本人は先の大戦で自国を敗戦国と位置付けるが、
アジア諸国にとっては『開戦国』でしかない。ただただ迷惑をかけた国。日本もドイツがかつてしたように周辺国と同じ歴史教科書を使い歴史認識を共有し、尚且つ長い時間を使い授業で教えなければと思うけど。
[ 2016/02/01 07:29 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク