情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.02.05 23:14|カテゴリ:原発関連コメント(4)

福島原発の汚染水、年内に北米西海岸到達か?米国民の間で懸念が広がる!一方、東電は地下水放出の基準値制定へ!


20140205231415hsouyanou.jpg
アメリカやドイツの発表によると、今年中に福島原発の濃い汚染水がアメリカ西海岸に到達すると予測されています。そのため、米国民の間では放射能汚染への懸念が拡大しており、サンフランシスコ湾岸の地方自治体フェアファックスは放射能検査を強化するための決議案を可決しました。
既に東日本大震災で発生した瓦礫の本体が、アメリカの西海岸手前で発見されています。この瓦礫の総量は数万トンになるとも言われ、放射能も瓦礫と一緒に移動している可能性が高いです。

このように太平洋の広範囲を汚染するほど大変な事態になっているのにも関わらず、東電は地下汚染水を海に放出するための準備を着々と進めています。先日も地下汚染水を放出するための基準値を新たに設定しました。この基準値では、1リットルあたり1500ベクレル以下のトリチウムを海に放出することが出来るようになり、後は住民の合意さえ得れば、東電は地下汚染水を海に流すことが出来るようになります。

太平洋の大半を汚染してしまったのに、東電からは反省の色は全く見えてきません。しかも、更に追加で汚染水を海に流そうとしているわけで、やっていることが滅茶苦茶です。このままでは日本だけではなく、世界中が取り返しの付かない状態になってしまう可能性があります。
ロシアからの協力も断ったようですし、日本はオリンピックよりも福島原発に全力で今直ぐに取り組むべきです。まあ、安倍政権にはそんな事は期待できませんが・・・(苦笑)。


☆福島原発の汚染水、年内に米西海岸到達の可能性-住民が懸念
URL http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N0G8OW6KLVS301.html

引用:
 2月4日(ブルームバーグ):東京電力福島第一原発から海に漏れている放射性物質を含む汚染水が年内に米西海岸に到達する可能性があり、一部米国住民の間で懸念が強まっている。。
サンフランシスコ湾岸の地方自治体フェアファックスは昨年12月6日、沿岸の魚介類に対する検査を強化する決議案を可決した。
海洋学者や放射線学者らは現在の海洋の放射線レベルから判断して、そうした懸念には根拠がないとの見方を示している。
福島第一原発からの汚染水は、カリフォルニア州ディアブロ・キャニオンのような他の原発から出る放射線物質と混じり合う見込み。通常の稼働でディアブロ・キャニオン原発は福島第一原発よりも多くの放射性物質を海に放出している。ただし、危険なアイソトープ(放射性同位体)は福島原発より少ない。
:引用終了

☆Island of debris the size of TEXAS from 2011 Japanese tsunami is headed straight for the U.S.
URL http://www.dailymail.co.uk/news/article-2487555/Island-debris-size-TEXAS-2011-Japanese-tsunami-headed-straight-U-S.html

引用:
article-0-1931D84400000578-849_634x493.jpg
article-0-1931D8FA00000578-152_634x410.jpg
article-0-1931E1AE00000578-114_634x423.jpg
A floating island of debris the size of Texas has been crossing the vast Pacific Ocean to the western shores of the Americas since a devastating tsunami inundated Japan in 2011, says a new study.
Five million tons of wreckage - the remains of homes, boats, and other remnants of shattered lives in eastern Japan - were swallowed by the ocean that day in March, and more than one million tons of flotsam continues to head towards the west coast of the US.
While the first documented debris from the tragedy has already been found in California, scientists fear these new findings mean there could be a lot more to come and it might arrive all at once.

The National Oceanic and Atmospheric Association (NOAA) released its updated findings last week, which show the huge island floating northeast of the Hawaiian Islands.
NOAA scientists add that a larger and less-concentrated debris field stretches from Alaska to the Philippines.

テキサス州に匹敵する大きさの瓦礫島が広大な太平洋を横断しており、近い内にアメリカ西海岸に上陸すると新しい研究は述べています。残骸の量は約五万トン。
震災直後からの少量の瓦礫がカリフォルニア州で発見されてきたが、学者たちは今までとは桁違いに大量の瓦礫がアメリカにやって来る可能性を恐れている。

国立海洋大気協会( NOAA )は、ハワイ諸島の北東に浮かんでいる巨大な瓦礫の島を先週に公表。NOAAの科学者によると、フィリピンからアラスカの広範囲にこの瓦礫が漂流するとのことです。
:引用終了

☆地下水放出へ運用目標=トリチウム1500ベクレル未満-福島第1
URL http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014020300743

引用:
 東京電力は3日、福島第1原発で汚染される前の地下水を海に放出する計画について、放射性物質の濃度を定めた運用目標を策定した。セシウム134、同137は1リットル当たり1ベクレル未満、ストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質は同5ベクレル未満、トリチウムは同1500ベクレル未満とした。
 放出計画は汚染水抑制策の一環。海に流せる法定の基準に比べ、運用目標は濃度を4分の1以下にした。地元漁業者に説明し、放出計画への理解を求める。
 基準を上回った場合は放出を中止して浄化し、基準値未満にして再開する。ベータ線を出す放射性物質は、目標よりさらに低い同1ベクレル未満になるまで浄化する方針。(2014/02/03-21:23)
:引用終了

☆魚のルートと海洋汚染
URL http://gazou.gundari.info/images-2ch/3bf59bd3.jpg

3bf59bd3.jpg

☆10年後の太平洋放射能汚染シミュレーション (Future Pacific Ocean Radioactivity SIM)


ノルウェー産 サバ 西京漬 4枚


[食材市場 やまもと] 安くて美味しい干物シリーズ ノルウェー産サバ文化干 12枚


これからどうなる海と大地―海の放射能に立ち向かう


海の放射能汚染


食品の放射能汚染 完全対策マニュアル (別冊宝島) (別冊宝島 1807 スタディー)


放射能汚染の現実を超えて

関連記事



情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
悔しいですね 日本企業の中には安く汚染水浄化する技術が有るのに外国利権のため活用されない
放射能除去技術も無視
[ 2014/02/06 04:03 ] [ 編集 ]
日本政府は計画が承認されたら太平洋に福島原発の汚染水を投棄する-誰が政府・東電を信じるか「砕かれた信頼」(ENE NEWS)
http://www.asyura2.com/14/genpatu36/msg/268.html
[ 2014/02/06 11:55 ] [ 編集 ]
ハイブリット処理方法による放射能無害化システム

OHMASA-GAS(日本テクノ)
http://irid.or.jp/cw/public/396.pdf

4. 具体的には、弊社保有の世界特許であります高周波振動撹拌機による撹拌エネルギーと、その撹拌機の撹拌用の振動羽根を両極として、水の電気分解により大量に発生するナノ・マイクロバブルの破裂するエネルギーの共用で、ある元素から他の元素へ変換する技術及び処理方法(処理システム)であり、処理技術は確立しております。
5. この処理技術を用いることで放射能汚染水中の放射能を無害化する事は当然可能であ り、数回の社内テストにおきましても、約 1 ヶ月の処理で約 70%以上の放射能無害化が出来たという結果が出ております。
6. 弊社が提供いたします技術は、これら放射能物質を含有する汚染水や土壌の放射性物質を「低減」ないしは「無害化」するもの、この無害化装置は極めて取扱い操作がシンプルなものであります。しかも室内で、常温の条件下で「元素変換」を起こし、無害化にすることが出来る非常に簡単な装置であります。
[ 2014/02/06 19:28 ] [ 編集 ]
原発事故以前から、病気を患う人々は多く存在していました。
放射能汚染のみを気にしていても、安全とは言えません。
今が食生活を見直すチャンスです。
"葬られた「第二のマクガバン報告」"という本は健康の本の中で、
一番おすすめの本です。図書館で借りて読んでみてください。
とてもすばらしい本で驚愕の事実が書いてあります。
そして何を食べて生きるべきか、ご自身の食生活を見直してください。
http://ghope.blog.fc2.com/blog-entry-5.html
[ 2015/08/09 22:34 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク